新学社の子ども英会話教室とは

新学社の英会話への思いと理念

英語教育を通して、心と心がふれあう真の国際コミュニケーション能力の育成を目指します。

世界をつなぐ大海原を自由に楽しく泳ぎまわる、賢くて愛くるしいイルカたち。私たちの育む子どもたちが英語を自在に操り、このイルカのように世界を駆けめぐることが出来たら… そんな思いを込めて『ドルフィンイングリッシュ』は創設されました。

通信ツール(e-mail、インターネット等)の進歩・普及、スポーツ選手の海外挑戦など、国際的な活動が身近になり、世界共通のコミュニケーションツールとして英語の必要性が高まっています。
ビジネスシーンでも外資系の企業に留まらず、さまざまな業種・職種において、海外とのかかわりが増え、「実践的に英語が使える」人材のニーズが高まっています。

ドルフィンイングリッシュは、ただ英語を理解するだけでなく、英語が“使える”ようになるために、世界に向けて「じぶん」を 伝え、世界の人々を理解できる「わたし」になることができるコミュニケーション能力の育成、日本の伝統、文化などを世界に向けて伝えることの出来る本格的 な英語力の育成を目指しています。

指導方法 (メソッド) 英語図書 (ライブラリー)

講師について

英語への興味をきっかけとして、子どもたちの可能性を広げ、異なる言語・文化を受け入れる心を育てるには指導者の資質が鍵となります。
ドルフィンイングリッシュでは講師に対し厳しい採用基準と充実した研修システムを設け、指導者として優れた人材を育成しています。

推薦のことば

 2008年に改訂された学習指導要領の主たるキーワードは、「生きる力(zest of living)」です。この言葉は、約20年前から文科省が初等中等教育で養いたい力として掲げてきました。日本の子ども達に、小学校からzest of livingを育んでほしいと願っているのです。 ’zest’ とは、’the quality of being exciting, interesting and enjoyable’という意味です。すなわち、「何かにわくわくし、関心をもって楽しめる資質」のことです。生きる力を育む第一歩は、何かに熱中し楽し むことです。’zest’ が芽生えれば、生きる力の源である主体性(アイデンティティー)も育まれます。日本の初等中等教育における国際教育では、この主体性を初めとして、自己決 定・行動力や共生の心(思いやり)から成る国際コミュニケーション力(資質・能力)を育むことを目標としています。

 「ドルフィンイングリッシュ」は、英語によるコミュニケーション活動を通して、この「アイデンティティー確立のための 積極性」や「自他を認める共生の心」等を養いながら、最終的には世界をつなぐ大海原を自由に楽しく泳ぎまわる賢くて愛くるしいイルカのように、世界にはば たき駆けめぐる子どもたちを育成するための国際・英語教育カリキュラムです。本教材は、世界に向けて自信をもって自分を表現し、世界の人々を理解できる広 い視野をもつ人間に育ってほしいという願いを込めて開発されました。

 「幼児コース」では、右脳の発達が盛んな幼児の興味・関心、身体能力の特徴を生かした教育内容で、楽しく遊びながら英語によるコミュニケーション の資質・能力の素地を養うことを目標としています。例えば、誰もが熱中する絵本の読み聞かせ活動では、わくわくするようなオリジナル教材 Treasure Hunt や外国の絵本を用いて、幼児一人ひとりの「感じる心や想像する力」を培います。また、右脳から左脳の発達が盛んになる「小学生コース」では、友達や先生と 自分の気持ちや考えを積極的に伝え合う楽しいコミュニケーション活動を通して、英語力だけでなく国際コミュニケーションには不可欠な「自己決定・行動力」 や「相手を思いやるソーシャル・スキル」を養います。

 「ドルフィンイングリッシュ」の年齢発達に応じた国際・英語教育カリキュラムで、「生きる力」につながる国際コミュニケーションの素地と英語によるコミュニケーションの基礎力を養い、世界にはばたくお子さんを育てましょう!

渡 邉 寛 治
文京学院大学 同大学院 教授
国立教育政策研究所名誉所員

ドルフィンイングリッシュ練馬豊島園教室案内

ドルフィンイングリッシュ豊島園教室

〒176-0001
練馬区練馬4-19-7 メッセ豊島園2号館1F
スタジオメッセ内
※豊島園駅徒歩2分 庭の湯前

050-5535-9384
受付 9:00〜17:00
ポピーメッセ支部 担当/大崎

> 教室の詳細はこちら

> お問い合わせフォーム

ページ上部へ